"森田一也"そのうち全英泣かします(´・Д・)」

2017年PERFECTプロダーツプレイヤーです。目標はリア充投稿。

ダーツ修行ツアー

どうもエース森田です。

 

昨日はパーフェクトランキング1位の浅田斉吾さん、先日のRトーナメント優勝者であり僕が2回戦でボコボコにされた柴田豊和さんのいる「max梅田」

 

パーフェクト福島大会で準優勝した、いつもお世話になってる守田昭仁さんのいる「glad」に行きました^ ^

 

待ち合わせはJAPANプロ松本眞人君の最近オープンした「疾風」

 

疾風で飯食って

f:id:kaz_ace:20160720220134j:image

 

まずはmax梅田行きました。

 

f:id:kaz_ace:20160720220245j:image

 

田豊和さんがRトーナメントで対戦した事を覚えてくれててよかったです笑

 

斉吾さんも何度も見かけてましたが、話をするのは初めてで、でも動画は多分めちゃくちゃ見てるので変な親近感がありました^ ^

 

その後、Phoenixで斉吾さんと投げさせてもらいましたが、早くパーフェクトの舞台で対戦したいなーと思いながらめちゃくちゃ集中して投げましたが1レグも取れませんでした(´・_・`)

 

悔しさより、さらに練習に火が付いたのと、さらに自分への課題が明確になった事の嬉しさの方が上回りました。

 

もちろん斉吾さんの試合の時の集中には遠く及びませんが、同じスローラインに立つことで学んだ事は多かった。

 

というより、あの緊張感や集中力を「浅田斉吾」というネームバリューで引き出してもらった感覚。

 

だからあの状態を自分で作れたらいいんだな、って事や、なぜ自分が入ってるか、など頭でイメージしながら投げれた事が凄く収穫。

 

何をイメージしたかと言うと、週末に敢行した

 

腕の振り

肩甲骨の固定

同じリリースポイント

 

フォローとかリリースの形とか意識してたけど、そんな事よりまずはどこでダーツを放すか?の感覚のみに集中する事。

 

この前はグローバルでしたが、昨日は対人でも同じようにこれに終始出来た事が収穫。

 

これは守田さんがいつも言ってる事でしたが、入る入らないより自分のフォームのみに集中するって事に近いのかなぁと解釈しながら、朝5時頃家に着きました^^;

 

眠いけど、夜は水曜リーグです。

 

本番に近いこの環境を上手く利用して、昨日の集中力をカチッと引き出せるように訓練します。

 

ではまた。

 

グラッチェ