"森田一也"そのうち全英泣かします(´・Д・)」

2017年PERFECTプロダーツプレイヤーです。目標はリア充投稿。

悔しがるのは御門違い

どうもエース森田です。

 

昨日PDLのAディビジョンでの初のリーグがはじまりました。

 

結果は1勝14敗。

 

この結果をもって悔しがる姿に、高校野球の公立高校が強豪私学に負ける姿が被りました。

 

バカにするわけじゃないですが、取り組み方が違うしやってきた練習も違う。

 

もちろん個々の能力も違う。

 

勝負は下駄を履くまで分からないものですが、そういう次元の問題じゃない。

 

ダーツにはレーティングっていうドラゴンボールでいう戦闘力みたいな機能がありまして、それでいうと2倍もしくは3倍違うかったりする。

 

まず負けて当たり前の勝負で、それでも勝つなら・・・という前提の準備を果たしてしたのか?といえばそうは見えないし、だからこれは必然としか言えない。

 

ただ練習するだけで勝てるほどスポーツ全般甘くないし、勝てない現状の枠内でもがいても何も変わらない事はもはや必然。

 

という意味で想定内でした。

 

ただ一つ想定外だったのは、僕の1敗です。

 

シングルは2戦出れるのですが、勝てる相手に一つ落としました。

 

この落とし方は前期のBディビジョンでも同じ事をしてました。

 

先日のハウスでも同じミスをしてます。

 

前回パーフェクトでも同じ。

 

内容は良くなって来ましたが、ダーツの入る入らないの結果だけで見ると進歩はない。

 

これを改善する為に練習してきたのですが、また同じミスをしてしまった事を何より反省すべきです。

 

ダーツの難しさを改めて実感する事が出来ました。

 

トッププロに食らいつく力もあるけど、格下に負ける選手。

 

まだまだトッププロを本気にできない選手でもあります。

 

メンタル?技術?そんな事ではなく自分の中の問題です。

 

相手の刺激を借りなきゃ自分の引き出しを引き出せない弱さをモロに感じています。

 

だから練習からもっと自分の世界に入って投げる練習をしていこうと思います。

 

カウントアップのような01を。

クリカンのようなクリケットを。

 

ひとまず目指そうと思います。

 

入れられたら入れ返す、倍返しだ。

 

はひとまず置いときます笑

 

PS.終わってから度々出てくる僕の師匠と寿司行って来ました。写真はカニですけど笑

 

f:id:kaz_ace:20160726094735j:image