"森田一也"そのうち全英泣かします(´・Д・)」

2017年PERFECTプロダーツプレイヤー。目標はリア充投稿。

負けはしましたが

どうも森田です。

色々と思うところはありますが、負けてごちゃごちゃ言いたくないので次は勝ちます。

TB解説台まで^ ^

それはそうと、今回めちゃくちゃ楽しみなロビンだったんですよね、実は。


田淵太一プロがいて、最近ちょくちょく勝ち上がる今泉プロ。

スーパー中学生として有名な(当時ダーツやってないから知らないですが)佐藤創真プロもいて。

多少ミスしてもそれ以上にミスしてくれた北九州や開幕の時のように行かない。

前回出場の広島の時と同じようなロビン。

今の当たり前のダーツが出来れば問題ないけど、少しでもグダグダしたらやられる。

一周回って当たり前の事なんですが、先に続く決勝トーナメントを考えるとある程度勝ち方や手応えも欲しいところ。

そんな考えのもとで迎えたのですが、結果は3勝1敗。

加藤プロにスト勝ち
田淵太一プロにレグ勝ち
今泉プロにスト負け
城プロにスト勝ち

20台(6R)打って勝てたのが加藤プロと城プロ。
30台(5R)打って負けた今泉プロ。
30台打って勝ったのが田淵プロ。

ざっくり中身はこのような感じ。

20台で勝てるのはラッキーでしかないし、後攻4Rに負けてしまうのが今の自分のレベル。

TON80は4回くらい出たんですが、20T絡まないラウンドも多かった。

それがこのスタッツのバラけ具合に繋がったわけです。


ここが安定してくれば、32以上目指せるなという自信と少しばかりの確信が持てました。

やっと自分で自力が上がって来てる実感が湧いて来たのも、今回のPERFECT。

1ヶ月以上空いて、自分の中では復帰戦のような感覚。

知り合いのプロにも皮肉のこもった"久しぶり"って言葉もいくつかもらったくらいですし笑


近い将来、優勝争いが出来るくらいのスキルを身に付けるには平場で安定して打てるようになる事。

そのためには集中したくてもある程度入れれる自分の最低ラインを上げる事かなーと思ったのでこの1ヶ月はカードレーティングにも少しこだわろうかと思います。

Phoenixで23は最低ライン。

ライブでも17はキープしたいですね。

ひどい時は15くらいまで落としてしまうので(゚o゚;;

大抵試行錯誤の段階で落としてしまうのがほとんどですが、良く考えると試行錯誤しかしてないので笑

試行錯誤しながら17キープ。

これがトッププロやと思いますから、僕もそのレベルまで持っていかないと。

いくら勝っても"まぐれ"でしかなくなってしまいますからね。


次は予定通りPERFECT名古屋の予定です。

それまでは水曜リーグのマスターズや忘我のシングルカップ。

あとはAceのハウスかな。

あとは平場とリーグでしっかり投げ込みます。

下手くそは練習ですわm(__)m

次こそっ!

グラッチェ^ ^