"森田一也"そのうち全英泣かします(´・Д・)」

2017年PERFECTプロダーツプレイヤーです。目標はリア充投稿。

「これだ!」という感覚

どうも森田です。

僕の中で今年のPERFECTはこの6月の2戦がキーだなと思ってました。

開幕戦で多少の手応えを感じながら初めてロビン全勝で抜けて。

さらに次も全勝でロビン抜け。

と思いきや次は-2でロビン落ちも経験。

今回も名古屋でロビン落ちして神戸は全勝でロビン通過。

スタッツはひどかったけど、勝ち切る事は出来るようになって来て。

でも決勝トーナメントでは弱さが出て。

自信付いては壊れての繰り返しです。


とはいえダーツ初めてまだ2年あまり。

僕自身はいきなりドーンと成長するタイプではありません。

それは過去にスポーツをいくつもやって来て、経験済み。

野球でもドラフト候補になるものの本格的に開花したのは大学の頃だったし。

これだ!ってものが掴むのが遅い。

その理由もなんとなく理解をしていて、客観的に出来てる事も、自分の中で少しでも感覚がズレてると一致するまで納得できない。

ダーツなんてまさにその典型で、Bullに入ったとしても、Bullは何ビットあるんだ?と。

なんか違うと思っても入ってしまう時がある。

それすら許せない自分がいるから練習して。

そんな風に考えるものだから「これだ」というものがなかなか手に入らない。

それを思い込みや根拠のない自信でカバーするのが正解なのかも知れないけど、それは次に繋がらないんじゃないかと思ってしまう。

だから、入れる事より外れても良いから何がどうなって外れたのか?を考えてしまう。

でもそれは次に繋がるはずだと確信してるので、それを積み重ねていく。


だからこそ「これだ!」というものを掴めた時は強いんじゃないかと思ってる反面、時間がかかる^^;


そうやってスポーツのスキルを手にしてきた経緯があるから、ダーツもそのスタイルで行こうとしてる途中。


でもその途中経過の結果が不甲斐ないから結果を欲しがってしまう事もありますが、一度整理して失った自信ではなく、そんな自信はまだまだ早かったんだと受け止めて、一から構築していこうと思います。


それを繰り返してると、おのずと他の方よりは成長曲線は緩やかになってしまいますが
「これだ!」って感覚を掴んだ時、絶対にダーツファンを唸らすダーツが出来ると思います。


でもイメージは、今この瞬間覚醒するイメージで。

やってやろうと思ってます。

次は7月末のPERFECT横浜の予定です。

グラッチェ