"森田一也"そのうち全英泣かします(´・Д・)」

2017年PERFECTプロダーツプレイヤーです。目標はリア充投稿。

昨日は昨日とて笑

どうも森田です。

昨日は久々に時間があったので色んな場所で対戦しまくってきました。

長堀橋、心斎橋のRに行って、max梅田に行って、そのあともどこか行こうと思ったのですが、帰宅^^;


僕自身、あまり環境が変わったからどうのっていうのはないので、いつも練習は同じところでしかやらないのですが、たまには色んなところで投げて純粋に勝負を楽しむダーツをする1日にしても良いかなと思い、色んなところで投げてきました。


ずっと投げてると段々フォームが崩れてくる。

崩れながらもある程度入れる事が出来るようにはなってますが、やはり精度は落ちます。


僕がなぜフォームを大切に考えてるか、それはどんな時でもできるだけ負荷を少なく投げるためです。

あとは微調整は気合いですけど笑

だからどこがどう崩れてるか?
戻るべき軸はどこか?

を練習の時から構築しとかないと、試合でも勝ち進めば進むほどズルズル行ってしまうやろうなぁと思います。


課題が出たところで、対戦の一部を


正直調子は悪そうでした。

それでもこのざまです。

僕なんて何戦かに一回出てるスタンスですが、斉吾さんはほぼ毎週PERFECT。

その少ない間でも、ミリ単位でグリップを調整しながら投げてるらしいです。

ロペス4も投げさせてもらいましたが、投げやすかった笑

グリップやバレル色々精度の高い事を試してるんだなぁと感じましたし、グリップについてはもっと研究の余地がありまくりだと思い知らされました。

とはいえ、僕の出ない試合は応援してますが、僕が出るときは倒さないといけない相手に変わりますから。

そういう意味ではJAPANの柴田プロ(とよくん)は、純粋に応援出来る笑

JAPANで優勝してる実力者ですしね^ ^

試合で当たる事もないし、対戦を楽しめる気がするのですが、昨日はなかなか人も多かったのでまた次の機会にお願いしようかな^^;

でも、どちらにしても、まだまだ僕自身を敵として認知してもらうほどの実力、位置にはいてないと思うので、まずはPERFECTで上位に食い込む事。


それも年間10試合ほどの予定なので、その間に絶対チャンスをものにするために、日々練習していかないと。


身体の使い方などはだいぶ洗練されてきても、最終はグリップとリリースなので、新たに探究して精度を高めていこうと思います。


何が正解か分かりませんが、勝てる形と勝てる心を創っていきます。


グラッチェ