"森田一也"そのうち全英泣かします(´・Д・)」

2018年PERFECTプロダーツプレイヤーです。目標はリア充投稿。

批判じゃないけど否定的なお話

どうも森田です。

 

僕の嫌いな考え方の1つに

 

「もし◯◯だったら、◻︎◻︎出来るのに」

 

というものがあります。

 

凄く極論ですが、

投げる時間さえあれば上手くなれるのに。

とか

もう少し背が高かったらモテるのに。

とか

もう少し球が速かったらプロに行けたのに。

とか。

 

多分そう考える人は、時間があっても、背が高くても、球が速くても、ダメだったと思います。

 

たらればなんで実際は分からないですけど。

 

でも無いものねだりは基本的に何も生みません。

 

今あるものの中で最善を尽くす過程で生まれるものが必ずありますから、その繰り返し以外に現状を良くする方法はありません。

 

 

というのも、「もっと上手くなったら対戦お願いします」と言った人が、上手くなって対戦しに来た事はないよなぁ、と。

 

あー、これも冒頭のたらればやな、と。

 

じゃあこの考え方を改めたら、それだけで何か少し変わるんじゃないかな?と思ったのでブログに書いてみました。

 

ちなみに僕はどんなに下手(表現ムズイ)で初心者の方でも対戦は基本断りません。

 

どうしても対戦やりたくない時は一人でネカフェとかでこっそり投げてます。

 

もしそのネカフェで声かけられてもそれはそれで対戦はします。笑

 

それに、上手くなったら対戦するんじゃなくて、上手くなるために対戦してくれた方が僕的にも嬉しいですし。

 

大抵のプロは対戦受けてくれると思うんですけど、もし断られたらすいません。

 

その時は運が悪かったと思って、めげずに違うプロに挑んでください笑

 

無責任ですけどなにか?笑

 

そんな感じで「無い物ねだりのたられば理論」を捨てたら、上手くなるだけじゃなくて、多少楽しく生きれる気がしますのでオススメです(^^)

 

他人に期待せず自分に期待する人生もなかなかエキサイティングですよ。

 

そしてそれを誰かと共有出来たらかなりエモいですよね笑

 

グラッチェ!