"森田一也"そのうち全英泣かします(´・Д・)」

2017年PERFECTプロダーツプレイヤーです。目標はリア充投稿。

本日はAceにてインストラクターです。

どうも森田です。

本日は金曜日なのでAceにいてます。

そして明日は水曜リーグ出てるローズソウルで月例のハウス。

次の日は京橋忘我で周年ハウスです。


飲むか投げるかハッキリしろよ的なハウスは正直好きではないのですが、いついかなる時も一定以上のパフォーマンスを出すという課題を克服する為に参加して来ます。


ハウスが嫌いと思われがちですが、嫌いではありません。

好きではないだけです。

嫌いではありません。

僕の中の大前提に、投げる時は投げる。

そのあと打ち上げで飲めばいいというのがあるだけです。


もっと極論言うと、お酒飲みすぎて投げられへんっていう言い訳するプロがあり得ないと思ってます。

一言で言うと、いつまでパリピやっとんねん笑

百歩譲って、パリピはよそでやるべきだと僕は思ってますので、正直お酒でその店の売り上げには貢献出来ませんが、長い目で見ていつかダーツが酒のアテでなく、れっきとした競技になるための活動だと見て頂ければ少し救われます。


という事全て加味した上でハウスは好きではないという事です。

それを一部分だけ切り取って揚げ足取るならこの文章そのままコピペして送りつけたるから。笑


というのは冗談ですが、それくらいの意気込みです。

そして出るからにはハウスでしっかり結果出してやります。

そのために今日はAceで練習です。

グラッチェ

真っ直ぐをライン以外で作る方法

どうも森田です。

ダーツの通り道としてラインをイメージして投げる事が大事だと言ってましたが、それを上回るイメージが降ってきました。

ずっと真っ直ぐ真っ直ぐとイメージしてましたが、少しでもズレたり意識し過ぎると、力んだりフォロースルーが崩れたりする原因にもなってました。

それでも無理矢理入れたりしながらその場しのぎを繰り返しては、フォームが崩れての繰り返し。


でしたが


真っ直ぐをライン以外で作ってみたら、良い感じでした。

ラインに沿って腕を引いて出すのではなく、リリースポイントとテイクバック最下点を点と点で結ぶイメージです。


その際に注意するのはリズムです。

そして、リズムの崩れを許容するために取ってる方法が"ほぼノーテイクバック"投法。


リラックス→リリースポイント(イメージ上の)→最下点→リリースポイント


引いた角度そのまま放つ。
縦に集めるイメージ。


今のところ、少し変化した意識はこんな感じです。

真っ直ぐラインを作るよりもミスは減るのかなぁと手応えは感じています。

試合でどうなるか、ですが。


それよりまずはバレルですね^^;

大方決まりましたが、まだ迷ってます。


決断する事ってなかなか負荷がかかりますね。


グラシアス!

バレルを変えても

どうも森田です。

ここ2週間ほど、良くても悪くてもバレルを変えてます。

10日使って次、みたいな。


自分には何が合ってるのか?まだ分からないのが本音です^^;


もしかしたら何でも良いのかも知れませんし、まだ合うものが見つかってないのかも知れません。

毎日変わってるからかも知れませんし、そもそも技術不足なのかも知れません。


前重心トルピード→後ろ重心ストレート

考えうる両極を経験しましたので、そろそろ細部を削ぎ落としつつ絞っていく時期かなと。

ミスを許容する事を第一にするのか、ハマった時は全く外さない諸刃の剣の精密機械を目指すのか。

この書き方を見て確信しましたが、僕の心は後者を選びそうです笑

諸刃の剣の精密機械を使いこなせる自分を作る事。

方向性はこれですね。

となると後ろ重心の細め・・・になるのかな。

TARGETのSOLOやTRiNiDADのOscar2、そのあたりになるのかな。

一週間以内くらいには決めないとPERFECT神戸に間に合わない^^;


決まればお知らせします。

おそらく報告する義務が発生します。

という意味深な感じで笑

またご報告します^ ^


グラシアス!

リーグ戦の総括

どうも森田です。

ここ3ヶ月は、一応一皮むけた時期でした。

しかしながら、様々なところで実力を発揮出来ず、いやもしかしたらこれが実力なのか?を行ったり来たりするような感じ。

でも肝心のPERFECTではワンランク上の結果が出たのも事実です。


いや、それこそたまたまなのか?と自問自答するのが今の心情です。


その顕著な例が今期のリーグ戦だったなぁと思います。

波が激しく善悪の両面が混在してるような。


しかし良い時の上限値、悪い時の下限値。

それぞれがベースアップした事は事実。

でも理想には程遠い。

頭に浮かぶ姿は必ず再現し到達出来る姿だと確信してますので次の期までに、いや来月のプレーオフまでの間にさらにレベルアップする事。

そして10月のPERFECTも迎えたいと思います。


そのために今月は2つほど、ハウスに出ようと考えています。


PERFECTの雰囲気とハウスの雰囲気は全然違うし、ゲストでお呼ばれしたりする人気プロではない立場上、別に参加意義はないかなと思い出てませんでしたが(プロになる前も出てませんでした、はい笑)


しかし、
いついかなる時もパフォーマンスを出す、という課題克服のためにハウスに出ようと思いました。

シビアに見ると、プレーオフにはシングルスがないのでシングルしか結果を出せてない自分の価値は相当低いです。

PERFECTでの戦績は上がっても、事リーグに関してはまだまだ低次元。

でも個人的にはPERFECT以外別にいいやんという気持ちがあったのは事実。


でもそれは逃げじゃないか?と感じましたので、リーグでもハウスでも、もちろんPERFECTのために結果を出す。


それをこの時期にやっていきたいと思います。


出来る事は全部やる!

それだけです。


グラッチェ

強さの秘密

どうも森田です。

昨日はJAPANリーグでした。

強さの秘密が分かりました。

いや、正確には自分の弱さの秘密が反面教師的にわかっただけです。笑

僕的に笑事じゃないですが。

そこはいつも通り

"まあ見ときなさいよ"精神でこれからの課題克服としましょうか。


例えていうと、野球でいうところのWBCとか、サッカーでいうW杯とか、本来自分達のフィールドではないところでのパフォーマンス。

国際舞台に強いとか弱いとか、なんかそういうやつです。


つい先日も、清宮くんが出てたU18の野球ワールドカップがありました。


そこで、甲子園で打てた人が打てなかったり、投げれてた人が投げれなかったり。

逆も然り。


早い話、フィールド変わっても変わらないパフォーマンスを発揮出来る人。

これって強さの秘訣なんじゃないかな?と思います。


逆に、フィールドによってパフォーマンスにムラのある人は強さが足りないと言われます。


それってどうやって克服すんねん?

ってところなのですが今のところ僕にはその強さがありませんので、行動で示していきます。


今までも色々とやりましたが、

例えば、アップ無しでメドレーするとか
会話しながら投げるとか別の事考えて投げるとか。


これらも積み重ねかも知れませんが、今のところ僕には足りてません。

いついかなる時も一定のパフォーマンスを出せる事をもっともっと考える。

どういった時自分はパフォーマンスを発揮できないか?

アドレナリンが出てると痛みを感じないように、脳が身体に及ぼす影響は少なくありません。


もっとその辺りをシビアに。

感覚を出来るだけ言語化出来るようにしていきます。

リーグで力が発揮できないとか、PERFECTでは力が発揮出来ないとか。

PERFECTでは発揮出来て、一般トーナメントでは出来ないとか。

PERFECTで勝てればそれで良いと思ってましたが、それ以外を求める事で本来の目的であるPERFECTでの戦績に関わって来るのではないかなぁと感じました。


それがつまりフィールド変わっても変わらないパフォーマンスを発揮する事。


強さの秘密だと感じました。

僕はそれが足りてません。

経験不足は簡単な理由としてあるでしょうが、経験をどう凌駕していくかを考えないと、これ以上はありませんので。


良い練習法あれば、シェアしたいです。

気付いた事もっと書いていこ。

まだまだ足りない下手くそ過ぎて怒り狂う。

やったるで!

グラッチェ

◯◯を使わず説明する事

どうも森田です。

僕が心がけてる事を1つ。

ダーツに繋がるのかどうかは知りませんが、僕が人を見るときここを意識してます。

人を見る、と言うとなんか聞こえ悪いですが、そこに悪意は無いと察して下さい笑


例えば、誰がどう見てもダーツが上手い人を「ダーツが上手い」という表現を使わずにダーツの上手さを表現したり。

誰がどう見ても天才(イチロー選手にしときましょうか)な人の事を天才という言葉を使わずどう表現するか。


僕はそこに思考の深さとか普段何考えてるかとか、すごく垣間見れます。

凄そうに聞こえて実は意外と浅いと感じる事が多いです。

凄そうと思われる時点で凄いといえば凄いですが笑


ちょっと嫌な表現になりますが、それらしく堂々と語ってる自信満々な人でも、ほとんどは"誰か受け売り"であったり"誰かの見解"でしかありません。

そして、その際たる言葉は広義的な意味での表現に収束する場合がほとんどです。

だから抽象的な凄そうな言葉にまとめられてしまう。

僕は、正しいとか間違ってるとか、そんな事はどうでも良いんです。

自分が何を感じ、どう思うか?

意外と自分の言葉で語れる人が少ないのが残念です。

それは◯◯だ、と言ってたその"誰か"が正しいと言い切れますか?

その昔、肩を冷やすな!と投手はプール禁止、半袖禁止と言ってた過去の常識も、今やタブーだったりします。

そしてアイシングもまた賛否が出てたり出てなかったり。

それやったら自分はこう思う、なぜならこうだったから。

と自分の感覚を持って、深く深く対話した結果、それを今在る言葉を紡ぎ合わせて必死に自分の言葉で語る人と、そうで無い人との思考の深さが同じわけありません。


そういう細かいところの表現で、人を見てしまう癖は、良くも悪くも敏感に感じてしまいます。

だからタメになりそうな話なのに実はそうでもなかった時、自分にはセンスがないなんて思わないで下さい。


センスなんかいくらでも創れると信じて、日々試行錯誤して、言葉紡いで結果で表現していきたいと思いますので、まだまだ下手くそではありますが僕の考えが、数ある理論の1つとして認知されるように。


考える事は人間の特権やと思ってますのでとことん突き詰めていきたいと思います。


グラッチェ(^-^)

結果に対する捉え方

どうも森田です。

先週くらい、ずっとダーツの結果が昇り調子でこれはいよいよ感覚掴んだかな?
と思ってた矢先、まぁサービスタイム終了と言わんばかりの結果に笑

とはいえ、それはそれで成長するために必要な事で、ヘコむ気持ちなんかはありません。

良くダーツしてる人と話をしてて、結果に対する受け止め方が良く言えばデリケート、悪く言えば的外れだなぁと感じるのが、ここらへん。

入ったかどうかなんて、ソフトダーツが定める枠の中に収まったかどうかだけの話で、数ミリのズレが50点か1点かの違いにたまたまなるだけの話。

ルールの上に競技が成り立つので、結果が全てなのはごもっともなんですが、自身の成長の物差しをもその競技ルールにしか則せないのはいかがなものか?と思います。


だから良い感じだった先週も、ギリギリブルに入った数や、トリプルに入った数、逆に狙いからいくら外れたか?などしかほとんど気にしてません。

その結果がRt17だっただけの話で。

ギリギリ入ってる数だけ外れる確率は高いわけですから。

例えば同じブルパーフェクトでも、インナー何本?アウターギリギリ何本?

そんな視点で自分のダーツを見てたら、まだまだヘコむ暇なんかないはず。


試合で外しても、練習で外してるから何にも感じない笑

悔しいけど、俺のレベルそんなもんだと結果をもってわざわざ親切に教えてくれてるだけで、それに対していちいちへこんでても・・・ねぇ。


その逆で、結果に対していちいち喜んでても成長はないので、もっともっと自分に厳しく、結果と自分の感覚が教えてくれたものを便りに、てっぺん目指して練習して行きたいなぁと思います。


より狙い、より集めて、より入れる!

ホンマそれだけ!

PERFECT神戸より前にPERFECT群馬出ようかな笑

少し調整中です。

グラッチェ