"森田一也"そのうち全英泣かします(´・Д・)」

2018年PERFECTプロダーツプレイヤーです。目標はリア充投稿。

野村監督と星野監督という奇跡の組合せ

どうも森田です。

 

このタイトルは「技術的限界が来てから本当の闘いが始まる」って一文を見た僕の考えです。

 

多分野球を知らない方でも上の二人は知ってると思いますし、関係性もご存知だと思います。

 

野村が種を蒔いて

星野が刈り取る。

 

こう皮肉を込めて言われてます。

 

なぜなら

 

阪神タイガースが日本一になった時も

楽天が日本一になった時も

 

星野さんが監督であり

その前に野村さんが監督だったから。

 

しかし僕の見立ては少し違ってまして。

 

野村監督は種を蒔けても刈り取れない。

星野監督は刈り取れても種を蒔けない。

 

あの監督の順序が奇跡的だっただけだと思ってます。

 

これを狙ってやってたら凄い眼力なんですが、なんせ阪神のフロントですから・・・ねぇ^^;

 

本当に奇跡の組合せだったと思います。

 

 

冒頭に戻り、野村監督のあの言葉。

 

あたかも技術の種を蒔いてるかのような言葉ですが、実のところ技術を限界にまで高められる人ではありません。

 

技術論は結構ちんぷんかんぷんです。

 

それでもなぜ成り立ってるか。

 

一定の技術を持った選手が入団してくるのがプロ野球だからです。

 

なので技術を教えるのではなく、今ある技術を引き出す事が上手だっただけです。

 

それはそれで凄い事なんですが、少なくとも技術的限界って言葉が使えるほどの技術論は持ち合わせてないです。

 

強いて言うなら心理戦はすごく上手なのでまさにキャッチャーってポジションが適してたんでしょう。

 

一方の星野監督は、技術はハナから捨ててます。笑

 

技術不足は気持ちでカバー、出来なきゃ鉄拳!的な監督。

 

下手な技術を教えるくらいならこの方が好転する確率は高い。

 

そしてある程度の技術を持った選手が、野村監督に技術をより適切に引き出してもらって、技術に触れず放置。

 

これで日本一です。

 

何が言いたいかと言うと「技術的限界が来てからが本当の闘い」って言葉がまるで技術的限界までは高めてるかのようで僕には傲慢以外の何物でもないと感じました。

 

それにも背景があって、僕が教えた野球小僧達が名だたる名門校に進学し、レギュラー獲ったりしてる中で、監督コーチの指導レベルの低さに愕然としながら僕に連絡をしてくる人が多いからです。

 

何人もプロを排出してる高校の指導がそれですか?レベル。

 

からのあの一文。

 

何が技術的限界やねん!と思っちゃいました。

 

まあまあ、技術の指導が監督の仕事ではないので一概に言えませんが、少しでも知識があれば

 

ヤクルト 伊藤智仁投手

中日 今中慎二投手

 

のような歴代最高の左右の投手を怪我で引退させるような失態は犯さなかったんじゃないかな?と思ってます。

 

確かな技術があれば、井川慶投手のような晩年にもならなかったはずですし。

 

阪神が日本一になった時も、ほぼ外様選手の活躍でしたからね。

 

そういう意味では今のジャイアンツは種まきも刈り取りも一流の原監督の後で苦労してる印象ですね。

 

高橋監督は全然悪くないのに・・・と思ってしまいます^^;

 

 

という前置きから、ダーツはどうなん?っていうのは野球で"こう"なんやからダーツは・・・と僕程度の知識でも容易に想像はつきますね^^;

 

だからこそまだまだやれる気しかしてませんが、なかなか頭に追いついてくれない僕の身体はやはりセンスないなーと毎日現実を突きつけられてます^^;

 

とはいえ、ずーっと頭に追いつこうと走り続けれるように、技術と知識の先駆けのお方にはこれからもお世話になりますからよろしくお願いします^ ^笑

 

では金曜日^ ^笑

 

グラッチェ!

チャレンジトーナメント

どうも森田です。

 

昨日はPhoenix field主催のチャレンジトーナメントに行って来ました。

 

沖縄→ブロック決勝→チャレンジトーナメントと息つく間もない感じですが、それ以上に自身の変化に全然対応出来てなくて不安要素がかなり多いのが今の現状です。

 

簡単に言えば迷ってる状態でした。

 

揺れを小さくしてみて、練習ではいい具合だったのが本番になると制御スピードを超えちゃったのか上のミスが増えたり。

 

小さくしてみようと試みた事で、揺らさない不安が顕著に出ました。

 

今までは揺らす不安も多少なりともあったのですが、今は揺らす方が楽だと感じます。

 

この試行錯誤の代償が負け試合に繋がりましたが、次勝つ為の負けなら良しとしようと。

 

昨日も3位決定戦で負けてしまいましたが、敗因というかミスの原因は明らかでした。

 

納得の行くミスでした。

 

次は徹底的にこだわるべきポイントはテイクバックです。

 

そのテイクバックに入る前のセットの入り方。

 

納得の行くミスというのは、ミスの原因がはっきりしてるから。

 

だから次その原因潰せたらレベルアップ出来る確信が出来たから納得出来た。

 

その場で修正出来たらなお良かったけど、出来た気になってごまかして曖昧にして来たからいつまで経ってもあかんのちゃうかな? 

 

ならこれはこれで良かったと思えます。

 

これが最適かは分かりませんが、一度テイクバックにこだわってみてどう変わるのかを見てみたいです。

 

その為のいくつかの仮説も頭の中にはあるので、頭の中で事足りるのか、また別のところに解はあるのかをまずは試したい。

 

数日前と比べて確実に前進してる気がします。

 

これを確信に変えれるようにまた練習です。

 

あと、チャレンジトーナメントの報告を忘れてましたが、ロビンは全勝で決勝トーナメントも3-0でスト勝ち。

 

次に山本信博プロに負けて、三位決定戦で樋口征彦プロに負けました。

 

ゼロワンブレイクしたのに勿体無かったなぁ^^;

 

グラッチェ!

大阪ブロック決勝

どうも森田です。

 

昨日は来年の沖縄インターリーグを決める1stシーズン大阪ブロック代表を決める試合が行われました。

 

3シーズン制なので、3つ全部獲れば確定。

 

逆に1つでも獲れば年度末の代表決定戦に進めます。

 

昨年度も2nd、3rdと制して沖縄行きを決めました。

 

なので沖縄へ行く事を考えれば、次勝てば良いわけですが早速1stシーズン落としてしまいました。

 

そして、落とした事より自身のダーツがダメ過ぎました。

 

安定感がないのはもちろん、色々試してる事が全部裏目に出てしまってる感覚。

 

いつもなら試しながらも"最低限"は打てるけど今はそれを下回ってしまってる。

 

ただ、ポジティブな面もあります。

 

それはメンタル面での安定感。

 

常に客観的に自身を見る感覚は出来て来てます。

 

なので尚更このパフォーマンスには不満なのです。

 

逆に言うと「突き詰めるべきは技術」とはっきりしてるとも言えます。

 

もしくはもっと細かい何かが自分では気付かないレベルでズレてるか。

 

それ以上に練習での確信が全くない状態なので、いかなる結果も「練習通り」となってしまう。

 

練習でやるミスがそのまま出てるだけ。

 

試合だからとか、ここ一番とか、そんな強いとか弱いとか曖昧な言い訳が出来ないくらい「ただの下手くそ」です。

 

それ以上も以下もない今の現状をどれだけ受け入れて一から技術をやり直せるか、突き詰めれるかが大事だと思います。

 

PERFECT横浜まで時間はあるようでありませんので、ここまでに何とか納得出来る状態、形を作って臨みたいと思います。

 

勝って学び、負けて学んで強くなっていきます。

 

グラッチェ!

だからこそ、ダーツ男子よモテろ!

どうも森田です。

 

最近、ダーツ女子が迷惑してる出会い厨?!って言うんですか?

 

そんな不満というかお願いというか、そんなのを何件か目にしました。

 

僕も男ですから女性は好きですしホモじゃないので女性は好きです♡笑

 

で、こんな性格(どんな性格だよw)なので、好きならば確実に事態は好転させたいですよ。

 

嫌われたくないわけですよ。

 

モテたいわけですよ。

 

だから本質的にはそこらへんの俗に言われる出会い厨と中身は一緒だと思います。

 

たまにはワンチャン狙いますよ。

 

でも・・・なところが、重要でして。

 

女性も一人の人間ですし、男性も一人の人間です。

 

まずは人としてどうなんだ?ってところをすっぽかして「女性をゲットしたい!」が先に来てる人が多いんじゃないかな?と。

 

やんわり言いましたが、ダーツっていう男女分け隔てなく出来る娯楽である事を良いことにマナーもモラルすらも分け隔てなくなりすぎなんちゃいます?

 

と思う事が多々あります。

 

もう少し具体的に言えば

モテたいとか、彼女欲しいとか言うてるくせに、それどんどん女性から距離置かれるでって事例が多すぎます。

 

そんな事が多過ぎて、まともな男性すらもまずは距離を置かれる事もあるでしょうし、それに便乗して過剰反応する女性も出てくるでしょう。

(個人的にはそれが一番嫌い^^;)

 

 

そうなれば、気まずくなってダーツから距離置く人も出てくるでしょう。

 

こうして、モテたいワンチャンばっか狙ってるモテない男性のおかげで、ダーツの入口が歪んでるのはやっぱほっとかれへんなぁと。

 

基本的に女性の集まるところに客は集まる理屈も分かりますから、囲いたいお店やついつい足が向いちゃう男の気持ちも分かります。

 

とはいえ、今の僕は男としての本能より森田一也の成長にしか興味がないですが、いつ男の本能が勝るとも限りません笑

 

そうなった時のため?!ではないですが、男女分け隔てなく、楽しく遊んでいく上で「男性のモラルやマナー」はやはり必須だと思うので改めて欲しいなと。

 

よく分からない「カズ撃ちゃ当たる」理論なのかも分かりませんが、それは絶対数の多いストリートナンパ的な話です。

 

やはり絶対数がどうしても限られる"ダーツ"においては「カズ撃ちゃ当たらん」と心得て頂きたい。

 

そうやって、ステキな女性がたくさん集まるダーツ業界に、男性の力でやっていきましょう^ ^

 

だからこそ、ダーツ男子よモテろ!と僕は思うわけです。

 

僕がモテるかどうかはさておき(そこ、さておくなよw)もっと男とダーツの腕を磨いていきましょう!笑

 

グラッチェ!

 

 

 

 

※※※以下は男性のみご覧下さい。

 

僕の中で1:8:1の法則ってありまして、

 

それは

一目惚れ:人としてはオッケー:無理

黄金比です。

 

モテない人って、みんな左の1に入ろうとするんですよ。

 

だからまとめて右の1にカテゴライズされてしまうだけで、よほど外見レーティングが高い人以外は一番右以外の9割を目指せばだいたいチャンスは回ってくるはずだっていうのが、僕の肌感覚です。笑

 

いやいや、そんなん回りくどい!

手っ取り早くやる事やりたいんや!

って方はダーツバーではなくそれ専門のお店に行く事をお勧めします。

 

多分その方が確実にコスパ良いですよ。

確実ですし♡

 

知らんけど笑

 

グラッチェ!

 

元PERFECT沖縄出身の方のところへ行ってきました

どうも森田です。

 

昨日は日頃のお礼やJAPANリーグの報告やら、お土産も兼ねて、大阪市平野区にある「やなわらば〜」に行ってきました。

 

ここのオーナーの鹿川(かがわ)久雄さんは、初年度PERFECTに参戦してた人です。

 

僕がプロになって

「なんでお前みたいな下手くそがプロなんねんアホちゃうか」

って空気の中、純粋に応援してくれてた数少ない人です^ ^笑

 

今はリーグ戦には出てないですが、プロ1年目の頃まではよくリーグで対戦してました。

 

トータル、余裕で負け越してると思います。

 

なんというか、僕と対戦するときだけ変なスイッチ入れてくる面倒くさい印象しかない人です笑

 

今年に入って、僕がホップにチャレンジした時も、凄く興味持ってくれて一切否定しなかった人でもあります。

 

「そんな難しい事までやろうとしてんのか、面白いなー」

 

って感じで。

 

お店に行く回数はそんなに多くありませんが、常に感謝し続けたい人の一人です^ ^

 

定期的に行ってますが、近いうちにもっと良い報告が出来るようにPERFECT頑張ろうと思います。

 

おかげさまでこのブログやTwitter(Facebookは身内知り合いばかりなので)で僕を知らない人の目に触れて、実際見た事ないけど応援してくれる方が出来ました。

 

逆に身内知り合いのダーツを知らない人からも、僕がダーツをしてる事やプロである事を知ってもらえました。

 

「お前みたいな下手くそがプロとかアホちゃうか」

 

と思われてた事も知ってるけど、自分は出来ると確信してここまで来ました。

 

なので今後も自分への確信がある限り成長出来ると思ってますし、まだ僕は何も成せてませんが"ひょっとしたら"と思わせる事が出来て来たかも分からないと思ってます。

 

今後は、僕と同じような確信持って応援頂ける方が増えたらいいなーと思ってます。

 

と同時に「俺もいけるんちゃうか?」と少しでも感じてくれる方がいたら嬉しいです。

 

「アホちゃうか?」

 

くらいの目標を持ってみるのも人生悪くないし「アホちゃうか」を踏み出せる人間にしかない底力を見せてやろうと考えてます^ ^

 

引き続き宜しくお願いします^ ^

 

グラッチェ!

JAPANリーグ全国大会

どうも森田です。

 

今週末はPERFECTはありませんでしたが、昨年7月より参加させて頂いていたJAPANリーグの全国大会「SUPER LEAGUE2018」に参加しました。

 

ロビンは6チーム中2チーム抜けだったので1つも落とせない形式。

 

そんな中で4戦全勝でロビン通過。

 

一回戦は2017年JAPAN年間チャンピオン荏隈秀一プロ率いるStyler's。

 

次の準決勝は勝見翔プロ、龍波プロ、その他JAPANプロ擁する昨年優勝チームのMIKAN。

 

決勝は昨年準決勝で負けた北海道のONE。

 

f:id:kaz_ace:20180708200500j:image

 

出場に至るまでに、年間3シーズン制でそれぞれの大阪ブロックの優勝チームを決めて、さらに優勝チーム同士で代表決定戦を行ったのちに大阪ブロック代表となって出場出来る大会です。

 

昨年、一昨年と自チーム「Green Bro's」は3位タイでした。

 

その中で僕自身も成長し、全国制覇まであと2つを埋めるピースに自身がなれればと思ってました。

 

結果的には全国制覇を成し遂げる事が出来ました。

 

しかし、自身のダーツには納得はいきません。

 

チームとしても紆余曲折がありましたし。

 

個人的にも、準決勝からはダブルスのファーストを譲らざるを得ない状態でした。

 

僕以上にセカンドが入ってたので、これはチームとしては良い選択でしたが僕自身は反省すべき点。

 

 

一方で、あの緊迫した状況でのメンタリティや自身の気持ちの入れ方には及第点を与えても良いかなとも思えました。

 

早い話が、自身の技術的な未熟さがそのまま出たかなと。

 

PERFECTでも今を超えれないのもこの部分。

 

変に良い結果だけが出て、過信するよりは全然良い。

 

今はそんな心境です。

 

これは別にゴールでもないしあくまで通過点。

 

そして僕自身が今回のインターリーグを通じて劇的に成長する事が、来年連覇を成すのに必須だと思ってます。

 

それはPERFECTでベスト8以上進む上でも必須。

 

通過点が全国制覇、なんて贅沢だって話ですがそんなもんは僕からしたら関係ありません。

 

目標の1つではありましたが、ゴールではありませんから。

 

野球にしても何にしても、全国制覇は初めてですし、全国大会も初の経験でしたがこれを機に向上心により火が付きました。

 

やっぱり僕はエースじゃないと満足出来ない性格は昔から変わってませんのでこれからまた1年間、次はチームのエースとして沖縄いけるように。

 

そのためにまずは今週水曜の1stシーズン大阪ブロック決勝戦に備えたいと思います。

 

ただ、振り返ればなんだかんだでPhoenixチャレンジトーナメントからマスターズ、オートハンデマスターズ、インターリーグまで全部優勝出来てます。

 

変な言い回しですが、勝つってこんなに呆気ないものなのか?というくらい自分は自分の成長にしか興味ないんだな^^;と痛感しました。

 

成長が足りなさ過ぎて満足感がほぼありません。

 

成長を感じる為には、やはり今のとこらPERFECTでの結果しかないのかなと。

 

なのでまずはその山を登ってからの心境を感じてみたいと思います。

 

ひとまずチームに助けられた全国制覇。

次は僕の力で導きたいと思います。

 


今後の予定は
JAPANリーグ 大阪ブロック1stシーズン決勝戦
Phoenixチャレンジトーナメント
東大阪リーグ マスターズ

になります。


引き続き宜しくお願いします。

グラッチェ!

JAPANリーグブロック決勝

どうも森田です。

 

明日から沖縄ですが、昨日は来年の沖縄の為のプレーオフがありました。

 

無事、準決勝まで勝ち進み来週に決勝戦

 

個人的なデキは、正直可もなく不可もなく。

 

どちらかといえば悪い結果でしたが、感覚的には及第点。

 

特に精神状態はとても良かったと思います。

 

気負う事もなく、ふつうに投げてふつうに外した感じ笑

 

良くも悪くもいつも通り^^;

 

この状態からカチッとスイッチが入ったようにガンガン入る事もありますが、ダブルスやトリオスだと、それがなかなか難しい。

 

「何を考えながら投げたら入るんかな?」と思って投げて、昨日はそのまま終わった感じ。

 

筋肉の状態、精神状態、ともにこれならオッケーってレベル。

 

あとはどうスイッチを入れ、どう結果に繋げるか。

 

この分だと、地力の向上がパフォーマンスの向上に直結する感覚はありますから、練習でもっと入れる事が課題ですね。

 

やっぱ結果が出ないと「メンタル」だとか「飛び」だとか、根拠のないそれっぽい事言われてもう反論するのもめんどくさいですからね。笑

 

 

今とても進みたい方向に進めてる自負はありますから、明日からの沖縄や来週の決勝戦を自身の"キッカケ"にしたいなと思います。

 

そうすれば自ずと結果は付いてくるし、日本一も見えて来ます。

 

とりあえず楽しみです。

 

人生初の全国大会。

 

雨、心配ですが笑

 

グラッチェ!