"森田一也"そのうち全英泣かします(´・Д・)」

2018年PERFECTプロダーツプレイヤーです。目標はリア充投稿。

2ミリ→1ミリ→イェイ

どうも森田です。

 

いつもは軌道とリリースをひたすら空投げで作ってたんですが、今週も試合が続くわけなので昨日は「対戦しながら作れるか?」をテーマにしながら練習してました。

 

空投げの場合は10投のうち、何割良かったか?と、基本的には良かったイメージに近付ける努力になるんでしょうけど、対戦となると"悪いなりに"という要素がどうしても必要になってきます。

 

極論、別に負けても良いんやけど、負けたくないみたいな笑

 

そうなった時自分はどんな外し方、どんな入れ方、どんなねじ込み方をしてるのか?

 

ざっくり言うとそんな風に自分を客観的に見ながら調整する作業も試合では必要。

 

そりゃ1本目も2本目も3本目も入ればいいですけど、1本目外した時、2本入ったあと、どんなミスをして、何をした時入るのか。

 

その結果、どれだけの数値が出るのか。

 

というところまでを基本ベースに。

 

基本ベースってのは、ここまでは僕の中では別に"考える"練習ではありません。

 

状態把握の為の確認作業。

 

呼吸レベル。

 

巷ではこれを"考える"とされてる気がして、だから話が噛み合わないって事に最近気付きました。

 

こんなん別に考えてるうちに入らんやん。

うん、当たり前。

 

パズルで言えば、このピースをどこにハメて行こうか?

 

じゃなくて、まずはパズルのピースは何があるのかな?っていう確認に過ぎないって感覚ですかね。

 

そうなると別に対戦じゃなくて良くね?と思ってここ最近は1人練習が主になってしまいましたが^^;

 

でも僕みたいな感覚が主流じゃダーツ業界は廃れて行ってしまいますので、どうか自分は少数派であり続けますようにと、もっと違う形でダーツを皆さん楽しんで下さいと、かなり他人任せです笑

 

それはまた後々ちゃんと考えていきますから、どうか今は森田一也がどう駆け上がるかだけ考えさせて下さい。

 

絶対おもろい世界作りますから。

 

ちゃんとその後、僕なりの展開を作りますから。

 

それはそれで置いといて。

 

そんな感じで、最近は何を考えていたかというと

 

「仕込み過ぎず不足しないポイント」

を探しながら

「持ち過ぎず抜けないリリース」

 

これが2ミリ→1ミリ→イェイです笑

 

2ミリ5ミリじゃないですよ?!

 

というか実は厳密に2ミリってのはどうでもよくて、それくらいちょっとだけ仕込むんだぜって意識と、仕込んだ分戻し切ったら持ち過ぎだぜって意識が大事というか。

 

僕も2ミリかどうかは分かってない。

 

2ミリって意識がちょうど良かっただけで。

 

それを脳内変換した時に「まぁこれくらいの数字かな?」っていうだけです。

 

なので10ミリの人もいれば5ミリの人もいたり「ぐぅー」とか「ぎゅーー」って擬音系の人とかもありだと思います。

 

僕はポイントポイントで言語化してる方が意識がボードに行かなくてちょうど良いんですね。

 

それでもいざって時はギリギリまでラインに乗せたがりますから、なるべく軌道に乗せたらイェイです。

 

ヒョイとかポンとかのイメージの時もあります。

 

で離し始めてから"親指をターゲットに向けてやる"と横ズレとかも持ち過ぎたり過干渉が出ない限りは、ほぼほぼ無くなりました。

 

そしてこの"親指をターゲットに向ける"この瞬間が人差し指の動きを勝手に演出してくれてます。

 

いや正確には演出させてます。

 

これで見切ってる感覚。

 

どうしても人差し指が勝つので、現状こんなイメージで親指依存を作ってます。

 

ミスが右に変わり始めた事は、今後修正ポイントです。

 

出来るだけ良い状態でPERFECTを迎えたいと思います。

 

連戦になりますが、どれもベスト尽くしてやったります!

 

グラッチェ!

PERFECT大阪大会は不完全燃焼

どうも森田です。

 

昨日のPERFECT大阪大会、ベスト32(17位タイ)で終戦

 

f:id:kaz_ace:20180521090231p:image

 

ロビンからずっとゼロワンに苦しまされました。

 

かといってクリケットもほぼ10ラウンド以上かけて、4点台半ばをジワジワと泥臭く打って、相手のミスを待っては拾っての試合展開が多かった^^;

 

これはこれで納得ですが、逆に言うと"走れない"だけ。

 

シュート力って言葉はあまり好きではないですが、そもそもの技量の問題かなと。

 

練習ではもっと入ってない事を考えると、やはり技量が足りてない。

 

足りてなさ過ぎ。

 

ゼロワンもTON80は無し。

 

LOWTONも121点や125点がほとんどで140があったかな?!レベル。

 

そして20キープの60点も多かった。

 

数字だけの結果ですが、そこから逆算して見えてくるヒントもあるかなと思って振り返ってました。

 

ただ言葉を羅列するだけになりますが、

 

届かないから手を伸ばす

手を伸ばすから軌道が低くなる

だから余計に手を伸ばす

 

リリースを早めて軌道を作りに行く

届かない不安が出た時過干渉が起こる

上にミスするから次狙えない

 

こんなループを延々と繰り返してました^^;

 

なので、ここで上がり目出しておかないとマズイって時に無理矢理感込みで入れに行った時はそこそこ入りました。

 

それに助けられました。

 

でもそれは求めてるものではないので不完全燃焼です。

 

まだ正解に近い自分の型が曖昧なので、修正って言葉もおかしい。

 

型にハマるというより、

板の上に玉を置いて、右へ左へ転がしながらずっとちょうど良い場所を探してるようなイメージです。

 

これが良いか悪いかというより、そういう微調整しか出来ないレベルなので安定した数字になって来ない。

 

でも今のこの経験は、もっと自分の型が出来て来た時のオプションとして使えるはずです。

 

微調整っていう引き出しは、もっと先で必ず必要になってくる事だと思いますから、今のうちに不安定感を楽しみたいと思います。

 

だからこそリリースと軌道をもっと自分のものにする為の練習に終始したいなと。

 

ホップにして、なんだかんだ3ヶ月過ぎたところ。

 

まだ生後4ヶ月だと思えばまだまだやる事は多いし、こんなレベルで安定させる方が勿体ない。

 

もっと高みを目指す為に、必要な障害はなるべく多くクリアした方がね、なんか良さそうな気がしますがどうなんでしょうか笑

 

「あーなんて俺は下手くそなんだ」

と嘆いてる暇があったら、軌道と飛距離を自分のものにする時間に当てた方が、より早く山に登れると思います。

 

今週もPERFECT福山大会があります。

 

まずはどうやって会場まで行くかを考えます笑

 

グラッチェ!

 

※PERFECT大阪の控え室は下の階の店舗の相席屋だったんですが、相席したのは男ばっかでどうも空間を持て余した感が満載でした。

出会いの欲しい方は是非どうぞw

f:id:kaz_ace:20180521090340j:image

嫌な予感・・・

どうも森田です。

 

昨日はオートハンデのシングルトーナメント、忘我ミニカップに参加しまして36人?!参加だったみたいですが、優勝する事が出来ました。

 

f:id:kaz_ace:20180519124409j:image

f:id:kaz_ace:20180519124409j:image

ただ結果より内容を重視してるのもあって(とか言って結果にこだわってるw)納得は全く出来てない。

 

それに前回の優勝の時は確かイップスになってた時・・・笑

 

イップスになりながら優勝したんでした。

 

それにその次の週がPERFECT開幕戦で、その開幕戦って・・・。

 

嫌な予感しますね。笑

 

たまにはネガティブな感じも出した方が人間臭くていいのかなーなんて思いながら、昨日悪かったところは修正して明日のPERFECTは勝ち上がります。

 

前日なのであんま投げないようにはしますけど。

 

健康診断も終わったし、腹一杯時屋食べたいな笑

 

グラッチェ!

時間かけても無駄だった事

どうも森田です。

 

昨日は三重県鈴鹿DDTにお邪魔してました。

 

今年に入ってからほぼ毎月お邪魔してますね^ ^

 

思い返せば180°軌道を変えて、セッティングも変えて、約2年ほど積み重ねたものを一瞬にして壊したのもここがキッカケ。

 

身体の使い方や肩関節の構造、筋肉や骨格から導いて来たつもりでしたし、大抵の事は時間さえあれば手に入るもんだと思ってました。

 

というか今でも思ってます。

 

でもその時間軸と目指す場所を考えた時、どうも追いつけそうにもないなぁ^^;

と感じたからこそ、自分の外の考えを探して時に出会った人。

 

久々に時間かけても行き着かなかっただろうなぁと今でも感じています。

 

僕がKラビさんとシンクロ出来る一番の理由は「理論」や「法則」の定義が限りなく合致してるからだと思います。

 

導き方というか着地点と出発点というか。

 

遡り方が限りなく近かったんじゃないかと。

 

全て捨てるに余裕で値しましたから、なんの躊躇もなく変化出来ました。

 

必要な時に必要な人が現れるっていう、スピリチュアルな話はあまり好きじゃありませんが簡単に言うとそんな感じですね笑

 

 

そんな中で自分でなかなかダーツを制御出来てない状況にかなりもどかしさを感じてますが、そのもどかしさも込みで自分の伸びしろだと感じてます。

 

むしろまだまだもどかしさを感じながら勝ち上がりたいくらいですね笑

 

次の目標は定まったし、それが出来るか否か、その上での結果にこだわりたいと思います。

 

劇的に増えた知識と引き出しをどう料理していくかは僕のさじ加減。

 

あくまでやるのは自分。

 

経験を凌駕して上目指す為に、まだまだ走りたいと思います。

 

あと個人的な事にはなりますが、森田一也の後援会フォームを作りました。

形式上スポンサーという名目ではなく、少しでも共に喜びを分かち合いという気持ちで始めました。

 

一年の最後は一緒にご飯でも食べながら反省会なり慰労会などが出来れば良いなと考えてます。

そちらはお礼も込めて無料招待させてもらう予定ですので宜しければ是非お願い致します^ ^

 

https://players1.st/proposals/64

 

また違った形式にするかも分かりませんが、とにかく踏み出してから考えていこうと思いました。

 

その方が僕らしいかなと笑

 

その辺は大目に見てやってください^ ^

 

宜しくです!

 

グラッチェ!

こういう状況を待ってました

どうも森田です。

 

先日のPERFECT福岡以降、もっと言えばその前からずっとダーツの状態が良くないです。

 

基本的な練習は、ざっくり言うと

「身体の使い方→軌道」のループですが、その中でも出来た事が出来なかったり、出来ないなりにもそこそこ投げれたり。

 

ただただ感触が悪い。

 

そしてそれは普段あまり気にしないんですが、皮肉にもレーティングにとても現れてます。

 

とにかく上がらない^^;

 

かれこれずっとこんな感じ。

 

この前のPERFECT福岡大会の時も同じ感覚でしたが、いざ試合になると意外に入りました。

 

一概には言えませんがスタッツだけは過去最高をほんの少し更新しましたし。

 

で、大阪帰ってからまたあの感覚で投げようと思っても、これがなかなか投げれない。

 

リーグでも勝ちはしますが、あんまり入らない^^;

 

平気でノーブル、2マークしちゃいます。。。

 

昨日もノーブルハットハットハットノーブルみたいな。。。

 

ノーブル2回やって100超えたら優秀やろ笑

 

とか冗談言ってましたが頭の中では悲壮感だらけ。

 

っていう状況なんですが、これ僕にとってチャンスなんですよ。

 

誤魔化せてないって事は、誤魔化せない明確な何かが現状の結果を作ってるわけで。

 

つまりこれクリアしたら、自分史上最高を更新出来るはず。

 

というかこの前のあの状態でも更新出来たわけですし。

 

ベスト32まで進んだ石川大会にしても、感触なんかは全然良くなかった。

 

言い換えれば、良くないなりの結果しか出せてないんですが、すでにRT17半ばあった去年以上の成績。

 

だからこそ、これが平場やリーグでもボコボコ入るようになった時、新しい世界が待ってるはず。

 

だからこういう状況を待ってたんですよ。

 

こういうモヤモヤが自身の成長に繋がる事はもう身体が覚えてます。

 

だからこそ今のこのモヤモヤ感を1°足りともズラさず真正面から受け止めてしっかり吸収したい。

 

そして、今のこの状況の克服方法が試合の中でもする事が今後安定して勝ち続ける為に必要な事だと思いますし。

 

だからってわけではないですが今日は鈴鹿DDTにお邪魔します^ ^

 

Kラビさんに会うの久しぶり・・・でもないかな笑

 

練習で出来ない事が試合で出来るわけないですから、しっかり現状を把握してここからPERFECT3連戦に備えたいと思います。

 

ちなみに3連戦っていうのは

5/20 PERFECT大阪

5/26 PERFECT広島

6/2 PERFECT浜松

6/9 PERFECT横浜

 

です。

 

あ、4連戦か笑

 

エントリー入金済みなのが3戦でした^^;

 

楽しみです^ ^

 

グラッチェ!

PERFECT大阪大会ロビン表

どうも森田です。

 

昨日はJAPANリーグがあり、いつもその途中でロビン抽選が行われて、いつもリーグが終わってから見てます。

 

そんなルーティン通りに昨日のリーグ終了後、確認した大阪大会のロビン表がこちら

 

f:id:kaz_ace:20180516085941p:image

 

記憶が正しければ上2人は大阪の方。

 

PERFECTではないけど、他の大会で対戦した記憶があります。

 

もちろん2人とも実力者です。

 

そして、一番下の奥山プロはプロ1年目で仲良くなった選手の1人。

 

通称いっくんです。

 

今年からTRiNiDADのフィールドテスター。

 

チャラいかどうかまでは知りませんが、チャラそうな風貌の好青年です笑

 

実はプロ1年目に同じロビンになった事がありまして、その時はスト負けしてます^^;

 

まあ、その時から仲良くなりましたね。

 

結構身内に弱いので、極力身内意識は無くして臨みたいと思います笑

 

そして、そろそろベスト32以上、過去最高の戦績を更新したい。

 

なので、勝つ事以外考えない1週間にします。

 

それにここから3週連続PERFECTが続きますから^^;

 

だから状態が悪いとか良いとか、そんなもんどうでもよくて、常に今の最高を出し続ける事に専念したいなと。

 

その中で見つかるものが、強さに繋がると思いますしね。

 

今何に取り組んでるか、などはまた追々書こうと思います。

 

大阪大会、会場は難波のダイジェストですのでもし観に来られる方いたら声かけて下さい^ ^

 

来られない方、中継台まで頑張ります笑

 

グラッチェ!

 

 

第3回チャレンジトーナメントの結果

どうも森田です。

 

今年から始まったこのチャレンジトーナメントですが、ここまで準優勝→3位と入賞して来ましたが、昨日は初のロビン落ちでした。

 

うーん・・・なかなか考え直すキッカケになる敗戦でした。

 

緊張もしてない、むしろ良い精神状態に近かった。

 

それに前回のPERFECTくらい打てれば、ここでは良い勝負出来るだろうっていう自信もありました。

 

が、結果は最悪の形に。

 

(それじゃあかんぞ)

 

という事を再認識するには充分な結果。

 

いついかなる時も出来るパフォーマンスのレベルが低い。

 

PERFECTで勝ち上がる試合も、瞬間的に飛ばして勝ってるだけ。

 

歯車狂えば常に惨敗する可能性もある。

 

でもトッププロには、それはない。

 

そりゃ勝つ事は大事ですけど、あくまで勝ち上がる事が目標です。

 

状態が悪いなりに、試行錯誤しながらもロビンも抜けて、満足はしてませんが一定の安堵感があったんじゃないか?

 

負けるレグはあっさり負けて、勝つレグで泥臭く取る。

 

これはこれで今後必要な事かも知れませんが、今の僕ではレベルが低すぎて話になりません。

 

もっと圧倒的に勝つ試合を増やす事で、自分の平均値をあげる事。

 

悪いなりにどうのこうのじゃなくて、瞬発的な力の上限をもっと上げないと。

 

そろそろ僕の全力とトッププロのマラソンみたいな勝負ではダメだと。

 

そう意識せざるを得ない今回の結果でした。

 

誰が勝ったか知りませんが、次は僕が勝てるように。

 

PERFECT大阪も近いですから、今一度技術的に見直して、ワンランク上のダーツが出来るように練習します。

 

その為のキーワードは飛距離でコントロールする事。

 

これをテーマにやっていこう。

 

時間は有限。

 

今日覚醒したろ!って気持ちを忘れずにやっていこう。

 

グラッチェ!