"森田一也"そのうち全英泣かします(´・Д・)」

2017年PERFECTプロダーツプレイヤーです。目標はリア充投稿。

PERFECT開幕戦

どうも森田です。

 

開幕から一夜明けて、結果は一言で王者が圧倒的なスタートを切ったPERFECTでした。

 

f:id:kaz_ace:20180225101434j:image

 

そんな中で森田一也はロビン落ち。

 

賛否あるかも知れませんが、ロビンの心境やその後の心境も全部書こうと思います。

 

まずは、初戦。

 

4ラウンドアウトでブレイクされ、5ラウンドアウトでキープされてスト負け。

 

ぶっちゃけ「マジかー!」って感じでした笑

 

3位通過が少ない事が初めから分かってましたので、スト負けがどれたけ痛いかは理解してました^^;

 

でもロビンだし、次勝てばなんとかなるなと思いながら迎えた阿部悠太郎プロ戦。

 

32待ちでハイオフ食らって4ラウンドアウト。

 

次も5ラウンドアウトでキープされてスト負け。

 

 

この時点で、ロビン落ち濃厚。

 

-4なので、残りスト勝ち2回でも±0。

 

無くはないけど、三位通過者が少なかったので厳しそう。

 

でもできる事は「スト勝ちする事」ですので、とりあえずスト勝ちして首の皮一枚繋がりましたが、最終試合待たずに4位以下が確定してしまいました。

 

先行4ラウンドで上がれよって話なんですが、そこまでの力は無かったです。

 

力不足です。

 

せめてレグは取らないと・・・

 

とはいえ、振り返ると厳しい条件でした。

 

僕は、実力も顧みずに自分追い込む事を言う方ので、最低限の結果は欲しかったのが本音でした。

 

じゃあ最低限の結果ってなんやねん?

 

って話なんですが、ロビン抜けたくらいで良いんですか?って話です。

 

そんな時、過去のブログを読み返してたんですよね。

 

じゃあこんな事書いてました。

 

僕の今のモチベーションは結果より結果に伴う自身の成長だと。

 

どんな結果もあくまで通過点であって、それに対して自分が成長出来てるかどうか。

 

まさに今求められてる事はそれじゃないかなと。

 

それに、ホップに取り組んでから2ヶ月。

 

結果は出したかったですが、それより長い目で見て大事な事ってあるんちゃうかなと。

 

やりたい事は出来たかどうかと言われれば、出来てました。

 

それに会場には色んなプロがいてます。

 

強い選手の強い理由を探す事も、長い目で見たら僕にとっても成長に繋がる。

 

そりゃ同じプロで多少のプライドなんかもありますけど、成長の為にそれって必要か?と自分に問いかけた時、0.5秒で「不必要」と判断しました。

 

すると結構ダーツ揺らしてる人がいてびっくりしました。

 

こんな揺らしてるんやーって人だったり、意外とホップだったり。

 

超絶強いあの方も昨年よりホップが強くなってました。

 

どんなグリップからどんなセッティングから軌道を投げるのか。

 

そんな事ばかり見て気付く事も多かった。

 

モチベーションは自身の成長。

 

上位の方より速い成長しないと追い越せないわけですから

 

「ヘコむ」とか「悔しい」とか、そんな感情のみ吐き出しても1ミリも上手くならないですから。

 

具体的にどうやって距離縮めんねん。

 

それだけ考えてこの"ロビン落ち"って結果を受け止めたいと思います。

 

間髪入れず、本日は大阪で「京橋グランプリ」

 

こちらはJAPANの猛者が集うトーナメントなので、昨日の負けを糧にして来ます。

 

 グラッチェ

 

写真は知野真澄プロの写真撮影を撮影する大穂選手を撮影。笑

f:id:kaz_ace:20180225101539j:image

 

 

 

開幕戦は僕のゴールです

どうも森田です。

 

明日いよいよPERFECT開幕です。

 

自分の状態はというと・・・

 

昨日最後の練習に北新地gladに行ってきて

守田さんに言われた言葉に象徴されてます。

 

 

守田さん「かずや、本気でやってぇやー」

 

森田「・・・」

 

てな感じ^^;

 

だいぶ軌道を作る事はあまり考えずに投げる事に集中してるつもりが、全然良い結果に繋がらなくて「あーでもないこーでもない」と試行錯誤しながら迎えてしまいそうです。

 

とはいえ、三歩進んで二歩下がるってよく言いますし今の状態に関してはそんな感じです。

 

昔から有名な某プロにも僕が取り組んでいる事を色々話したんですが、

 

「難しい事はあんまり分からんけど、なんかモノに出来たら凄そうやから頑張って^^;」

「別に開幕戦がゴールじゃないやろうしね」

と言われました。笑

 

 

人より上に行こうと思えば、同じ事してたらあかんなと思っての今回のモデルチェンジだったのでどういう結果が出るのか。

 

スローラインに立つまでは、本当に心配性なので直前まで自分のイメージを高めて望もうと思います。

 

実は久々にブログ書く気になれなかったのが、正直なところだったんですが

逆にスラスラブログを書ける時ってどんどん自分の良い部分や技術向上がなされてる時。

 

それが書く気が薄れてるって事は・・・

 

こりゃいかんぞ、と思い無理やり書いてます笑

 

良い事があれば笑顔になるんじゃなくて、

笑顔でいるから良い事がある的な感じ。笑

 

藁にもすがる思いで出来る事全部やってやろう!

って言うのが変わらぬ僕のスタンスですので、明日のロビン中に覚醒したりなんかも充分あり得ますしね^ ^笑

 

開幕戦はゴールではないですが、僕はあえてゴールのつもりで走りたいです。

 

特にダーツのように、競技寿命の長い競技だからこそ、常に期限と時間とも闘ってるんだって姿勢を忘れずにやっていきたい。

 

だから心臓はち切れるくらい全速力で!

 はち切れたならそこまでだったって事。

 

また明日の新幹線の中とかでも書くかもですが、書かないかもなのでとりあえず笑

 

やってきます!

 

グラッチェ^ ^

開幕戦のロビン出ましたよー。

どうも森田です。

 

待ちわびて待ちわびて待ちわびたPERFECT開幕戦が今週末に開催されます。

 

昨年の最終戦終わってから、試行錯誤を繰り返して、自分なりに変更したもののしっくり来なくて。

 

年が明けてから車で2時間以上かけて、未知の世界に足を踏み入れて^ ^笑

 

DDTのKラビさんに進化の道を示して頂いたのもごく最近の話。

 

綺麗に飛ばす事を考えて、今まで積み上げた来たものを全部壊してまで変化を求めた約2ヶ月間でした。

 

そんな僕の変更を

「うわ、めっちゃ変わってる!」

「でも、その方がいいもんねー」とすんなり受け入れてくれたのはYANAWARAの鹿川さんだけやったな笑

 

鹿川さんは初年度のPERFECTプロで仲良くして頂いてる方の一人。

 

Kラビさんや鹿川さん、その他SNSで密かに応援頂いてる色んな方にお世話になりながらプロ3年目のシーズンが始まります。

 

感謝は結果で示したい!

トーナメント表を勝ち上がる姿でワクワクしてもらいたい!

中継台でその人達を泣かしたい!

そんな価値ある時間を多くの人と共有する事が今年の目標です。

 

でも現状はそんな甘くなかったりします。

 

納得いく形とは、まだまだかけ離れてます。

 

それでも、途中経過として魅せれる結果はあるはず。

 

とはいえ、完成も終わりもありませんが過去最高の状態でPERFECTの舞台に立ちたいと思います。

 

開幕戦のロビン表はこちらです。

f:id:kaz_ace:20180221114752j:image

 

 そしてまだ開幕まで3日あります。

 

覚醒するには十分な日数笑

 

積み上げるもんはいっぱい積み上げて、当日迎えたいなと思います。

 

宜しくお願いします^ ^

 

グラッチェ

 

脳みそ書き換える

どうも森田です。

 

僕が常に考えてる事を一言で言えばこれになります。

 

脳みそを書き換える事。

 

その前提として

 

・本能的なものを活かす事

・本能的なものが邪魔する事

 

これらをまずある程度把握しとかないとなぁと思って勉強したり実際実践したりして今があります。

 

というかダーツを始めました。

 

早速小難しく聞こえるかもですが、めっちゃ身近にたくさんのケースがあります。

 

「防衛本能」って聞いた事あると思うんですけど、基本これが源泉ちゃうかなと思ってます。

 

ちゃうかなというかそうなんですが、本当はもっと複雑だけど多分これで事足りるという意味で。

 

まずは、脳みそって一概に目標を達成するのが良しってわけでもないんですよね。

 

別に目標ってあんたが勝手に決めただけでしょ?ってな具合で笑

 

森田「PERFECTで優勝するぞ!」

脳みそ「でもわしもっと大事な役目あるんやわ。」

脳みそ「平穏無事に過ごしてほしいんやわ」

 

 

こうやって生き延びる事前提なので、別に目標達成出来ずとも生き長らえる方が第一優先です。

 

だから目標達成出来なかった時を正当化してあげる方がダメージ少なくないですか?

 

脳みそ「ホンマはお前さんの方が強かったで」

森田「そ、そうかな・・・グヘヘ♫」

 

を正当化する為に言い訳するわけです。

 

それが自分にとっては最もな理由でも、周りからは言い訳にしか聞こえない。

 

でもそれを言わなきゃダメージがデカイから言い訳する事で生き長らえるわけです。

 

脳みそ「下手くそ死ねボケ!」

森田「せやな、もう死のか・・・」

 

となっては脳みそ困るわけです笑

 

でも目標達成するために目標達成出来なかった状態で生き長らえても・・・目標達成出来ないままっすよね?

 

だから言い訳してたらダメですよって言われるんだと思います。

 

ただ聞き苦しいだけで言われてる場合もありますけど笑

 

これ、途中からは僕の仮説も入ってます。

 

というか僕はそう思ってます。

 

 

 

じゃあ逆にですよ?

 

もし言い訳しなかったらどうなるか?

 

しんどいですよね^^;

 

認めたくないけど負けてしまった事実だけ突きつけられる感覚。

マジしんどいです。

 

その時脳みそはというと

脳みそ「もうあんな思いしたないわー」

と思うはず。

 

そしてそれを繰り返すといつしか生き長らえる事が勝つ事に書き換えられていく、はず。

 

負けて当然という深層心理から勝って当たり前に書き換わるような感じ。

 

じゃあ次は勝つ事を脳みそは探し始める。

 

練習したくてたまらなくなる。

そして練習するから強くなる。

(ここは一概に言えませんが)

 

言い訳せず、事実を受け止め、結果を分析して・・・を繰り返すと"勝つ事"が「防衛本能」に切り替わります。

 

脳みそ「呼吸すんのも勝つのも同じやて」

 

だから勝ち慣れっていうのは世間一般の理屈ではないにしろ、僕は"ある"と思ってます。

 

先日の忘我東大阪のミニカップなんて、まさにそんな感じ。

 

本当にたった一つのたとえ話でしたが、もっと他にもたくさんあります。

 

これを理解して練習するのとしないのとでは、やはり結果は違うでしょうし、常に自分の脳みそは"何を守ろう"としてるのか?

 

を考える事で、

目標と乖離してれば書き換える。

目標へのエスカレーターへと書き換える。

 

基本これだけ考えてれば、おのずと思考も変わってくるはずです。

 

ついつい出てしまう言葉や行動をグッと我慢して、なぜそれが出たかを分析するだけ。

 

スピリチュアルっぽくて自分で書いててなんか胡散臭いですが、言葉も行動も筋肉も全て脳みそ発信なので日常的なたとえ話から入れば納得出来るのかなぁと。

 

別に理解者求めてるわけでもないんですが、これだけ脳みそと対話してても、ふとした時に逃げちゃう時がある「森田一也への戒め」のつもりですので。笑

 

常に何を守ろうとしてるのか?

それは目標に対して守るべきもんなんか?

 

常にそれを考えて行動していく事です。

 

その為にこのブログも書いてるようなもんですし。

 

だから、こんなん言っちゃって大丈夫かな?みたいな事も、お前のその大丈夫かな?は何を守ろうとしてるんや?と自分に問いかける。

 

そうやって突き詰めるとそれは"壊すべき"と判断して書いてる事ばかりです。

 

当然理解者は少ないですが、それすら快感になっちゃえばもうちょっとやなって思ってますけど笑

 

とはいえ、最低限支えてくれる方への感謝の返し方だけはこだわりたいです。

 

言葉以外で返したい!

 

それだけですね。

 

あと、勝ってもガッツポーズしないのは、

脳みそに対して

 

森田「これ別に当たり前やからな」

脳みそ「そ、そーかいな、すまんな」

 

と、これも書き換えたろうと思って僕はわざとやってます。

 

ついつい出そうになりますが、以上の理由で我慢してます。笑

 

当たり前にするために^ ^

 

そんな感じで、PERFECT開幕まで残り日数は少ないですが今日も強い気持ちで脳みそと対話してきます^_^

 

グラッチェ

 

イッ◯スでも優勝?!

どうも森田です。

 

昨日は、忘我東大阪店で行われてる毎月第3金曜日開催の忘我ミニカップ。

 

ライブ2オートハンデ戦なのでどなたでも楽しめます。

 

なので結構ダーツ始めたての方とかも腕試しに来られてますし、実際僕もダーツ始めて数ヶ月くらいの頃から当時はハンデ貰いながら参加してました笑

 

そして先月も参加して三位。

 

確か軌道変更をやり立てくらいの頃だったかな?

平場以外の実戦形式でどんな感じかなー?なんて思って参加した記憶があります。

 

そして今月は、優勝。

※これが思いついたKポーズですw

f:id:kaz_ace:20180217121952j:image

 

とだけ見れば順風満帆ぽいですが、おそらく内容とか実のところかなりヤバイ状況です。

 

上手く投げられないんですよね。

 

テイクバックが出来ない^^;

 

あー、これイップスとか言うやつなん?笑

知らんけど。

 

 

とか思いましたがそれならそれで治し方はいくらでもあるし、今日は負けてもいいからとにかく折角の実戦やし

「入れる事」

「狙う事」

 のみに集中したろ!

 

とそのまま苦しみながら投げてやりました笑

 

なぜならPERFECTでもなるかも知れないし。

じゃあPERFECTでも投げ方に集中して試合やるんですか?

 

しないと思う。

 

見た目どんなでも

「入れたらええんや」

と思って投げると思う。

 

だから違和感そのまま狙って投げてみた。

 

じゃあ優勝出来ました。

 

先月は納得の三位(9ダーツ喰らいまくったw)でしたが、今回の優勝はちょっと違うなぁ^^;

 

でも今日で良かった。

 

幸いあと1週間あるし。

 

1週間あればどうにでもなる。

 

そんな感じで、伸びしろ残しながらオートハンデ戦で優勝出来た事はプラスに捉えて、ここから1週間は原因とか改善にあてたいなぁ。

 

まだまだ不完全で問題だらけですが、だからこそ上を目指せるはず。

 

あと、もしイップスが精神的なもんだと言うのなら多分全力で否定出来るな笑

 

自分、身体の使い方間違ってんで。

f:id:kaz_ace:20180217113722j:image

 

ってサインやと思って練習したらええだけ。

 

グラッチェ

 

PS.ホンマは練習では出るけど試合になると集中してなれへんかなーとかちょっと思ってたりした笑

まぁ悪いなりに

どうも森田です。

 

PERFECT開幕まであと約1週間。

 

そろそろ形にしていかないとマズイなーと思いながら、このままでもちょっとマズイなーと思いながら。笑

 

軌道の変更はとりあえずはこのまま。

 

あとはどれだけ一定のリリースを行えるか。

 

いかに誤差の少ないクオリティで投げれるか。

 

でも個人的には

「原形が無くなるまでぶっ壊せた」

事をまず評価したいなってのが本音。笑

 

激甘査定ですけどね^^;

 

でも原形無くなるまで壊せない人が多い中で「ようやったな」と。

 

これは去年グリップを変えた時も同じでした。

 

元に戻るのに1年以上かかると言われたグリップ変更でしたが、2ヶ月後にはあっさりSAの壁(1年ほどAAでした)をピョンと飛び越えました。

 

そして、さぁPERFECTベスト8の壁はどう壊してやろうかと思っての今回の軌道変更。

 

当面はトーナメント表が別表になるベスト4が入り口になると考えてます。

 

ちなみに去年の入り口はベスト32でした。

 

理由はちょうど賞金圏内って事で^^;

 

今のところ有言実行して来てるので、今期も^ ^

 

なかなか今の段階で優勝とは言えませんが、ベスト4まで行くには優勝経験のある人や優勝争いしてる人に勝たなければいけないわけですから。

 

まずは優勝争いしてるグループに割り込まないと話にならないなと思っているのでベスト4という事で。

 

でも今のままだとさらに話にならないですけどねm(_ _)m

 

開幕したら、あとはどんどん試合が入ります。

 

今の僕は、無名過ぎてイベントとかゲストでハウスやトーナメントの出場も何もない状態。

 

非常に身軽なわけなので、とにかくPERFECTに全力集中です^ ^

 

毎年感じる事ですが、今年が山場。

 

去年とか一昨年も同じように思ってましたが、今思い返すと恥ずかしい笑

 

来年もそう思えるような一年にしたいと思います。

 

このままじゃダメダメですが、悪いなりにはまぁ・・・ギリオッケーかな?

 

という状態です。

 

楽しみと同時に不安も増してきますが、そこは尋常じゃない練習量でカバーしていこうと思います。

 

どうせ最高の状態なんて訪れないし、常にベストを尽くしてやりましょう。

 

グラッチェ

ダーツの基礎トレ

どうも森田です。

 

練習方法についての記事が結構好評だったようで少し複雑な気分です。

 

 

その理由は、練習方法にしてはホントに独学で、今のところ考え抜いた末に行き着いた暫定的なものに過ぎないから。

 

明日にはもっと良い練習方法が見つかるかも知れないのになぁと思いながら。

 

なので、僕の記事がプロの誰かの目に留まって

「じゃあ俺も練習方法公開しちゃおっかな」

って方が一人でも出て来てくれる事をこっそり願ってます。笑

 

 

さてさて、練習方法の話とは少し視点を変えて、基礎トレってどうよ?って話を少し。

 

野球で言うところの筋トレとか走り込みとかあんまり誰も好まないそっち系の練習。

 

基本ダーツボードに向かってダーツを投げるのって、野球で言うところのバッティング練習やピッチング練習みたいなもん。

 

もちろんそれ以外の練習って、あって然りかなぁと思うんですがこれって意外と盲点じゃありませんか?

 

とはいえ、筋力はさほど必要としないのでやはりダーツボードに向かわずに行う練習は如何なものかなとも思います。

 

その中でも僕の中で「投げる」以外の動きで大切なものを書こうかと思います。

 

それは

 

"体とイメージを一致させる練習"

 

です。

 

ここに関しては正しく投げてるかどうかは関係なくて、ただただイメージ通りの動きを身体が出来てるか?だけの練習です。

 

 

例えば

テイクバックしてるつもりでも全然してなかったり

無意識に身体が突っ込んでしまったり

予想より矢速が過剰になってしまったり

イメージより過不足する事って多いと思うんですよ。

 

 

でも結果を出すって事に関していえば、イメージと動きのギャップが結果的に功を奏す場合も多々あったり。

 

でも偶然良くなったものは必然的に悪くなるもんだと思うんです。

 

なので、僕は偶然をなるべく消したい。

 

だから出来る限りイメージと身体の動きを近付ける練習を「基礎トレ」と位置づけています。

 

 

この練習の大切さは、先にも書いた"過不足"って言葉がとてもしっくり来る気がします。

 

本来人の"癖"って活かすのが正解なんでしょうけど、悪くなる原因もまたその"癖"が原因だったりすると思うんですね。

 

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」

 

って言葉があるようにやり過ぎは良くないよって話です。

 

ある程度ダーツが上手な人であまりにもイメージとかけ離れながら投げてる人っていないと思うんですね。

 

とはいえ完全にイメージ通りの人も少ないのかな?もしくはイメージ通りだからと言ってイメージ通り結果が出るのかって言うのもまた別問題。

 

でも悪くなる時は大抵イメージ通りじゃない場合が多いです。

 

なので"ある程度"はイメージ通り投げる必要があると思ってます。

 

癖を癖だと諦めるのも自由ですが、少しの改善で爆発的に上手くなるなんて珍しくもないと思うんですね。

 

1センチ身体が前傾したら

矢角はどれだけ下がって

それがボード到達時には何ビットのズレになるよ?

 

とか考えていくとやはり無視出来ないかと。

 

逆にそのズレが出た時、結果から自分を逆算出来たりもする。

 

だからイメージと身体を一致させる練習は有効だと考える理由です。

 

そしてその練習方法は結構簡単(個人的に)で、

 

極端にやる事です。

 

 

例えば肘が内側に入るなら外側から投げる

肘が下がるなら上げて投げる

身体が突っ込むなら仰け反って投げる

 

その動きが良いか悪いなんて関係なく、狙いは無意識化の動きを良い意味で壊していく事です。

 

もしやり過ぎたら?

 

じゃあまた逆の事をすれば良いだけです。

 

なぜなら"その間"に正解があるわけですから、

ちょっとずつ寄せていくより

極端にやってから緩めていく方が早いし楽なんじゃないかな?と言うのが僕の考え。

 

なのでイメージと身体を一致させる練習は基礎トレに分類しちゃってはどうかな?と思うわけです。

 

 

特に、

 

めちゃくちゃ投げ込んでるけどなかなか上手くならないんだよな。。。。

 

って方は例外なく「クセが強い」です^^;

 

そして極端にやったらどう?って言っても結果しか見ないからまた元どおりの投げ方に。

 

なかなか上手くならない人はもしかしたらこの考え方に変えるだけでポーンと上手くなる気がするんですけどね。

 

言葉の意味そのまんましか受け取れないと、難しいのかな?

 

なんて思ったりします。

 

積み重ねって途方もないイメージですが

極端にやって戻ってくるイメージの方が

明確やん?って思いますがいかがですか?

 

 

ダーツに限らないかもですが、もし現状に満足してなくて「何か変えたい」って場合は試して見てください^ ^

 

 

これが僕の思うダーツの基礎トレです。

f:id:kaz_ace:20180215095925j:image

 

グラッチェ