"森田一也"そのうち全英泣かします(´・Д・)」

2017年PERFECTプロダーツプレイヤーです。目標はリア充投稿。

上手くなるかならないかは、○○で決まるというのに

どうも森田です。

昨日はTARGETのSOLOを投げました。

感触は、最初飛びが良すぎて上に突き抜けて行く感覚だったのですが、慣れて来ると簡単に飛ぶので少ないアクションでイメージ通りの飛びが可能。

細かい打ち分けは課題ですが、及第点と言っていいのかな?という印象です。


前々から気付いてましたが、やはり後ろ重心の方が合ってます。

先輩プロにも言われてましたしね^^;

道具にこだわるのはまだ先で良いと思いつつ、先延ばししてた感が凄く強かったですが、謎に今このタイミングでの変更となりました。


もう1つバレルが届きますのでそちらも試しつつ、最終的には自身のバレル作成も視野に入れていきたいです。


と、全て自分で成長過程をシュミレートしてプランニングしてきましたが、大抵の人は誰かに委ねた方が圧倒的に早いと思います。

要は、教えてもらうって事ですね。

頑固に自分の感覚を信じるのも良いですが、段々頑固かヘンコかよく分からなくなります笑


指導するにも覚悟がいるし、される側も覚悟がいると思います。

アドバイス1つでその人が変わるかも知れない事に、

「誰々が言ってた」とか「自分の感覚」で指導するのは、かなり危険であり無責任だと。


指導する側は当事者ありきで、指導される側はその人の言葉の裏に気を付けないといけません。

何を根拠に言ってるのか、ただ実績ある人の受け売りの可能性も高いので気をつけないといけません。


上手くなるかならないかは、師匠で決まります。

そしてどの師匠を選ぶのか、はたまた師匠を持たず独学で走るのか、その人の力量に合わせて取り組むのもダーツの楽しさの1つですね。


僕は覚悟ある人しか教えません笑

色んな人の話を聞く事は、一見良い事かも知れませんが、聞けば聞くほど平均値に収束して、平均的な数値に落ち着きます。

平均値ってどこですか?

Aフラですか?
SAですか?

いずれもNOである事には間違いないと思います。

目指すのがそこならば、考え直す必要があるでしょうし、競技の上達と、この考えは切り離せない僕の中の"当たり前"だと思ってます。


だからそこも含めて師匠選びと上達プランニングをしっかり見つめなおして下さい。


僕もPERFECTで優勝出来るよう再度見つめなおします。

グラシアス!