"森田一也"そのうち全英泣かします(´・Д・)」

2018年PERFECTプロダーツプレイヤーです。目標はリア充投稿。

〇〇に恩返し?そんな気さらさらないです。

どうも森田です。

 

独立リーグの理事をやるようになって、野球関係者から

「やっぱお前は野球に戻ってきたんやな」

とか

「野球で恩返しするってさすがやな」

とか

言われるようになりました。

 

いやいや違うんですわ。

 

 

恩返しとかそんな気は、さらさら無いです。

 

むしろ怒ってますから。

怒り狂ってます。

 

特に野球に対しては。

 

何しとんねん!!!

 

って気持ちしか湧いてきません。

 

大学野球終わった時も

「なんじゃこのしょうもないスポーツは・・・」

 

と思いましたし、それは今も全然変わってません。

 

相変わらず根拠のない基本ばっかりに囚われて、トップダウンのくそつまらん体質は昔のまま。

 

プロアマ規定は多少マシにはなりましたが、プレイヤーファーストとは程遠い。

 

とはいえ、お金は回るから選手の待遇は悪くないうえお金が付いて回る以上許してしまう事も多々あったり。

 

伸びる選手とか完成された選手と判断する側の眼が曖昧過ぎたり

指導者のこだわりという名の思い込みに振り回され、あらぬフルイにかけられて道を閉ざされた選手をいっぱい見てきました。

 

だから怒ってるんですよね。

 

野球界に恩返し?そんな気さらさらない。

 

もっと良い夢、もっとデカイ夢、もっと面白い野球が出来る可能性が、日本の野球にはありますから。

 

プロ野球の育成より

四国アイランドリーグより

ルートインBCリーグより

 

レベルが劣ると言われてる関西独立リーグ(BFL)

 

ゼロロクブルズは夢を叶える場所やと。

 

それは選手だけじゃないぞと。

 

僕は思ってます。

 

野球選手に賞味期限はあるけど

夢に賞味期限はないぞ、と。

 

人生の賞味期限が来るまで、走り続けたろうと思います。

 

明日は仙台に移動して、12月1日はPERFECT仙台です。

 

森田一也の取り組み全てを少しでも多くの方に見て頂けるように。

 

今はほんのわずかな人たちにしか届いてませんが、そのうちやったりますからね。

 

まあ見ときなさいよ精神で。

 

いつも通り、ね。

 

グラッチェ!