"森田一也"そのうち全英泣かします(´・Д・)」

2017年PERFECTプロダーツプレイヤーです。目標はリア充投稿。

強いて言うなら、のメンタル論

どうも森田です。

最近、ここ一番で強くなるにはどうしたらいいのか?

上手くても勝てない選手をたくさん見て来た中で、なにが違うのかな?

と自分なりに色々考えてます。

常に自分の中で9マークで縛ってみたり、相手を仮想してみたり。

逆に、目の前のメドレーを絶対勝つダーツをしてみたり試行錯誤中です。


少し前までの練習は、何本ブルに入るか?とか、どんなフォームで投げるか?などでしたが、それと並行して「勝つダーツ」が、自分の中で確立されてないとおそらく自分より上の技術を持った選手には全く歯が立たないと感じています。


その中で、メンタルが大事なのは言わずもがなですが、僕は今まで「メンタルが大事」とアドバイスのような事を言ってる人や、言われた経験はありますが、これをすればメンタルは強くなるよという具体的なアドバイスをしてる人、出来る人には出会った事はありません。

だから俺がそれをやってやろう!なんて事は別に思ってませんが、僕なりに思う事を書いてます。


とはいえ、考えるんですよ。


どーしたらメンタル強くなるか。


技術ありきであり、結果論でしかメンタルは語られないっていう側面も考慮しながら、ふと思い出した事がありました。


僕は野球をしていて、学生の頃はエースで4番でした。

一言で言うと、

「ピンチに強く、チャンスに弱い」

そこまで大差はありませんが、自分なりにそんな印象の選手でした。

ピッチャーとして、ここ一番は強かったですが、バッターとしてのここ一番はそこまで強くなかったかな?と。


サヨナラヒットとかそんなものは何本か打った事もありますし、逆にサヨナラ負けした事もありましたが笑


もちろん、打って3割と言われる野球の世界ですから、確率論でピンチの方が有利やん!というのも一理あります。


それを考慮した上で、ピンチに強く、チャンスに強くなかった理由がふと「降りてきました」


まずピッチャーの時、ピンチになったらフルスロットルのギアマックスになります。


アドレナリン出まくりで真ん中投げても打たれへん球投げたろかい!くらいの気持ちで。

良くも悪くも普段とは違うボールが投げれます。

相手はその誤差から打ち損じる可能性が高まります。

「普段とは違う自分」になる事で、力を発揮する事が投手としてのピンチの強さ。でした。


一方でバッターの場合、チャンスになるといつもと違うとどうなるか?

簡略化すると、普段よりバットのスピードが速まったりすると残念ながらタイミングが合いません^^;

力を入れるとヘッドが下がるなどの微差が生じます。


投手の場合もあるじゃないか?と思われますが、多少のコントロールミス、ボールの勢いでカバー出来たりします。

それを見せ球に別の選択肢を取る事も出来ます。

腕を振れば振るほど、変化球の曲がりもストレートに近付きますから、より手前で曲がったり、予期せぬ好循環が生まれる事が多々あります。


まとめると、投手は普段と違うスイッチを入れる事で普段以上の好循環を生むことが出来る。

打者は、普段通りを貫く事が大前提。もしくはその誤差すら把握して力を発揮しないといけない。


そんな背景から、気持ちが入りすぎる僕はピンチに強くチャンスに弱かったんじゃないかな?と思います笑


記憶が正しければ、サヨナラヒットも詰まりながらポトリと落としたようなヒットが多かったですし笑


前置き長かったですが、ダーツの場合。


投手と打者、どちらのメンタリティが必要かと問われれば、無論打者のメンタリティ。


いつもより腕を振ってしまうといつもと違うターゲットに飛んでいってしまう。

なんて事になったら大変ですから笑


アドレナリン出まくりの気持ちが先行してしまうような場合も、ダーツの場合はマイナスにしかなりません。


だからダーツのメンタルとなると、

スローラインに立つと、ターゲットに入れる事だけを考えれる選手。

ここで入れたら勝ちや!とか、ここ絶対9マークいるぞ!とか、考える事はあんまりプラスにならないんじゃないかな?と感じました。

出るときは出るし、出ない時は出ないわけですから^^;

それに、ここ一番とは言われますが、そうなる前に9マーク出してれば楽に試合が運べるなんて事は当然の話で、結局は「出る時は出る」その回数を増やして行く事が勝つダーツへの近道じゃないですか?と思います。


ここ一番とは言うものの、「さっき外したからやん」って事がほとんどですから。


しかし、PERFECTでは9マークの打ち合いなんて事もざらにあるので、そのレベルになった時、また考えを上方修正していけば良いやん^^;

くらいに思っておきます。


まとめると

スローラインに立つ前にターゲットを決めて、ターゲットに向けて投げる事。


その練習をして、試合でも、そのように投げる。


その再現性を高める事が、ダーツのメンタルかな?と感じました。

投手より打者よりのメンタリティが必要という結論です。


学生の頃は良くも悪くもイケイケメンタルでしたからね笑


若い頃ダーツやってたら、絶対プロになれてない自信あります笑


グラッチェ