"森田一也"そのうち全英泣かします(´・Д・)」

2018年PERFECTプロダーツプレイヤーです。目標はリア充投稿。

教える側と教わる側の心得

どうも森田です。

 

ダーツ以外の事はわざと極力書かないようにしてますが、今日は少し踏み込んで書きたいなと思います。

 

大丈夫、少ししか踏み込まないんで笑

 

僕はダーツプレイヤーと同時に野球教室の講師&経営者です。

 

他にもありますが割愛します。

 

残念ながらダーツで飯食えてるわけじゃありません。

 

これはダーツプロとして恥ずべき事だと思ってるので、ダーツ以外の他の事は極力書かないスタンスでSNSは切り離してました。

 

飯食えなくて、その道で税金納めなくて、何がプロやと。

 

僕は僕の事をそう思ってます。

 

だからダーツに関わるお金は全て経費だと考えてダーツ単体での収入が少ない(ほぼ無いw)以上、見栄張って高いお酒飲む事もありません。

 

ダーツプロになってお酒飲まなくなった理由の1つでもあります。

 

じゃあスポンサー獲得を考えたら?

それも現状の僕では違うと思ってます。

 

今の僕のユニホームにロゴを入れたところで、大した宣伝効果は期待出来ません。

 

それに見合う広告効果を得られない事は客観的にダーツプレイヤー森田一也を見たら明らかな話。

 

残念ながら情けない話ですが。

 

あくまで今のところはですよ笑

 

ダーツの先を本当に考えるなら、僕は一般企業を巻き込むべきだと思ってるので、ある程度ダーツプレイヤー森田一也に価値が出たと感じたらまず取巻きの一般企業を獲得しに行きます。

 

知り合いの社長達、覚悟してて下さいね♡笑

 

というのはそこそこ本気ですが置いといて・・・

 

今スポンサー頂いてるのは広告ではなく間違いなく"応援"です。

 

ぶっちゃけダーツに取り組む姿勢だけで頂いてます。

 

結果も出してませんしね^^;

 

というのが今の自分のポジションだと思ってます。

 

いずれさらにステップアップ出来ると自負してますが、どうなんでしょうね笑

 

そんな今から、このブログ見てくれてるごく少数の方に後々自慢してもらいたいのが僕のモチベーション。

 

だからあえてFacebookにはこのブログを連動させていません。

 

あっちは知り合いばっかだから。

 

Twitterは実際お会いした方の方が少ないです。

 

しかも極力お会いした事ない方にはフォローバックもしていません。

 

理由は、失礼なのかも知れませんが、フォロワーなのに会っても分からないのは個人的に嫌だしフォローバックしないならリムるスタンスのある種のフォロワー稼ぎなだけの方も極力減らしたいから。

 

本当に僕の取り組みや僕自身に興味ある方のバロメーターにしたくてこのスタンスを1年以上続けてます^^;

 

プロになって2年ですが、最初の半年ほどはある程度のフォロワーが欲しかったのでこちらからフォローしてフォローバックしてもらったりしてましたので、上記のスタンスは若干期間がズレてます。

 

いいか悪いかは知りません。

 

ダメならダメで辞めればいいって言うのが僕の人生のスタンスですから、それはこのブログ始めた時にちゃんと書いてます笑

 

とりあえずプロになったけど、底辺プロがどれだけもがいて這い上がれるか?

ダメならとっととライセンス返します、と。

 

なんちゅう無責任な奴だ、って感じですがそうでもしないとプロって肩書きだけで満足してしまいそうで法人登記だけした中身のない代表取締役となんら変わらない。

 

だから色々と大言壮語使いながら自分を奮い立たせてやってきたつもりです。

 

で、この一連の僕のスタンスは

 

教える側と教わる側のどちらも経験したが故に辿り着いた形です。

 

常にリスクを取って、覚悟を決めて、甘えそうな時文字に書いた事を思い出す為に。

 

でもそのリスクによって失うのは命でもなく、お金でもなく、森田一也としての生き様が失われるリスクだと。

 

何事も得たいなら対価が必要。

 

でもダーツプレイヤー森田一也に失えるモノが無かった、だから生き様をリスクに選んだんです。

 

ダーツの分野はまだまだ発展途上で、競技としてのダーツと酒のあてとしてのダーツが世に乱立してる状態です。

 

手を手を繋ぎながら進むべきなのか、スパッと切り離して進むべきなのか、僕には分かりません。

 

どっちでもいいんで。

 

でもダーツに流れるお金の大半が、現状はお酒だって事は紛れもなく事実なので、前者の方が現実的なのかなと思いますが。

 

単純になんか楽しそうですしね笑

 

酔っ払いはめんどくさいし嫌いやけど笑

 

そんな宙ぶらりんな業界だからこそ、スキルアップの道も確立されていません。

 

理論なども不十分です。

 

でも第一人者的存在の方々は存在します。

 

でもその方々が全て知り得てるかと言えばそうではないかも知れません。

 

しかし不十分が故に判断材料も不十分。

 

だからこそ、上手くなりたい方はリスクを取ってもらいたい。

 

その覚悟があって、初めて教える側にも覚悟が生まれます。

 

その覚悟を持って教わりに行くと、教える側がもしリスクも取らずテキトーに教えてると「自身の曖昧さ」に気付く瞬間が出てきます。

 

そうやって教える側のレベルアップの為にも、どうか教わる方々が多少のリスクを取って覚悟を持って教わってみて下さい。

 

それても覚悟持って教えてくれる人が本当の指導者だと思います。

 

これは教える側と教わる側、両方経験した僕の考えです。

 

正解かどうかは分かりません。

 

無料で教えてくれる人を優しい人だと思わないで下さい。

 

「リスク取らない=責任取らない」わけなので。

 

どうか発展のためにお金でもいいし、お金じゃなくても良いのでリスク取って下さい。

 

ハラハラドキドキ変化を楽しんでください。

 

今まで色んな事業やってきて、プロダーツプレイヤー業のみ赤字事業ですが、毎日スリリングで充実してます笑

 

そんな自分にも満足はしてませんし、色々と自分を追い込んでやって行きますのでまずは数少ない僕の周りの方々にモリタリズムが浸透してくれたら嬉しいです笑

 

僕と共に成長を楽しんで頂けたら幸いです。

 

僕は楽しむってこういう事だと思ってます。

 

価値観合わなかったらすいません、合う方は是非今後も応援お願い致します。

 

グラッチェ!